加齢臭が酷くなったら対策が必要|グッズを使って匂いを抑える

気になるニオイ

笑顔の女性

近頃は世代や性別を問わずニオイに敏感な人が増えてきています。ニオイに敏感な人が増えた理由の1つに「スメルハラスメント(ニオイによる嫌がらせ)}という言葉が誕生したことにあります。スメルハラスメントは汗の臭いや足の臭い、頭の臭い、腋臭、口臭、加齢臭などの身体から発生するニオイはもちろんのこと、香水や柔軟剤、制汗剤、ヘアケア用品、ボディケア用品などの人工的なニオイまで実に様々なニオイが当てはまります。分かりやすく言うと他人が不快だと感じるニオイの全てがスメルハラスメントになるわけです。このようなことから自分でも気づかない間にスメルハラスメントの加害者になってしまっているということも珍しくはありません。

自分がスメルハラスメントの加害者にならないためには、香水や柔軟剤などの人工的なものに関しては使用を控えるか、もしくは無香料の商品を使用することで対策が取れます。一方身体から発生するニオイに関しては特別な対策が必要となります。まず汗の臭いや足の臭い、頭の臭いの対策は、こまめにシャワーを浴び下着や洋服もこまめに取り替えて清潔を心がけることで改善することが出来ます。腋臭の場合はセルフケアでの対策では限界があるので、専門のクリニックで治療を受ける必要があります。口臭は虫歯や歯槽膿漏、歯垢などの口腔内の問題が原因のことが多いので、歯の治療や定期的なクリーニングを行うことで改善することが出来ます。最後に加齢臭は男性のみならず女性でも30代後半から発生します。この加齢臭はノネナールという成分が原因でニオイが発生しますので、ノネナールを抑制し殺菌する効果のある柿渋成分が配合された石鹸やボディーソープを使用すると効果的です。特に加齢臭は耳の後ろや首筋、うなじ部分から発生しますので念入りに洗浄します。